高千穂観光WEB | 旅、観光、高千穂峡、神社、夜神楽、食事処、宿泊、おみやげ、イベント、観光マップ
トップページ 観光スポット 店舗情報 宿泊施設 お役立ち情報 アクセス 町内の交通
特集・最新記事
おすすめ観光コース
神話・伝説をめぐる

観光情報
観光スポット
店舗情報
宿泊施設
お役立ち情報

交通情報
高千穂へのアクセス
町内の交通
検索 キーワード検索
 
検索オプション
イベント

ダウンロード


天岩戸神社 春季大祭 (平成21年5月2・3日)
『天岩戸神社春季大祭』はこんなお祭りです。
2日午前11時から本殿にて式典。3日午後2時から御神幸祭。みこしを中心とした隊列が対岸の東本宮から西本宮へと行進し、境内にて神楽、棒術、鐘太鼓、臼 太鼓踊などが奉納されます。
また2日の式典前と午後、3日の午前には、境内の神楽殿で天岩戸神楽が奉納されます。


天岩戸神社宮司・佐藤延生さんに伺いました。

洞窟の中に隠れこもった太陽神・天照大神を外に連れ出すため、その前で天鈿女命がおもしろおかしく舞い、手力男命が扉を開け放し、世界は明るさと平和を取 り戻した…有名な日本神話の一節ですが、その舞台のモデルとなったのが、ここ天岩戸です。
この祭は、当神社(中心となる西宮)の年一回の例祭。この機会に神様の里を訪ねてみませんか?


寺尾野棒術の代表者・工藤隆生さんのお話
祭の御神幸では、氏子たちが伝統的に定められた地区ごとの役割を担います。寺尾野地区の棒術もその一つで、各戸の男たちが先祖伝来の6尺3寸の棒をかつぎ、みこしの前を守ります。戸田流棒術といって、地区に伝わる180年ほど前の巻物によると、加賀にその源流があるようです。地域の伝統であり当たり前の事として受け継いできましたが、後継者不足が悩みです。









高千穂神社 春季例祭 詳細情報
日時 平成21年5月2日(土)・3日(日) 午前9時30分?
会場 天岩戸神社
住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町天岩戸1073?1
アクセス 国道218号線 馬門交差点より約5.5キロ 詳細MAP
駐車場 あり(無料80台) 
混雑が予想されますので係員の指示に従ってください。
問合せ先 0982-74?8239(天岩戸神社)

観光スポット /  店舗情報 /  宿泊施設 /  お役立ち情報 /  アクセス /  町内の交通 /  おすすめ観光コース /  特集 /  イベント /  ダウンロード
ライブカメラ /  高千穂写真館 /  このサイトについて /  個人情報保護方針 /  ご利用規約 /  お問合せ /  管理者ログイン
<<高千穂観光WEB>> Copyright ©2007 The TAKACHIHO Sightseeing WEB