高千穂観光WEB | 旅、観光、高千穂峡、神社、夜神楽、食事処、宿泊、おみやげ、イベント、観光マップ
トップページ 観光スポット 店舗情報 宿泊施設 お役立ち情報 アクセス 町内の交通
特集・最新記事
おすすめ観光コース
神話・伝説をめぐる

観光情報
観光スポット
店舗情報
宿泊施設
お役立ち情報

交通情報
高千穂へのアクセス
町内の交通
検索 キーワード検索
 
検索オプション
イベント

ダウンロード


天岩戸神社 秋季大祭
平成21年9月22日(火祝)?23日(水祝)
『天岩戸神社秋季大祭』はこんなお祭りです
22日午前11時から西本宮本殿にて式典。23日午後2時から御神幸祭。みこしを中心とした隊列が対岸の東本宮から西本宮へと行進。西本宮境内にて神楽、棒術などが奉納された後、再び東本宮へと戻ります。

○神楽奉納…境内の神楽殿で天岩戸神楽が奉納されます。22日の午前9時半から11時と午後2時から4時、23日の午前午前9時半から正午までの予定。

○五神火祭り…23日、西本宮駐車場にて。「岩戸」に見立てた畳を投げる「岩戸投げ大会」(10時から12時半)や各種余興、バザー出店などが予定されています。

天岩戸神社宮司・佐藤延生さんに伺いました

当神社は岩戸川を挟んで東西の宮に分かれていますが、実は昭和45年に合併するまではそれぞれ別の神社でした。天岩戸を直拝する西本宮に対し、東宮はその天岩戸を出られたアマテラス大神をお祭りしています。今でこそ西本宮が神社の中核になっていますが、かつては東本宮(旧称「天岩戸大神宮」のちに「氏神社」)が信仰の中心でした。秋の大祭は、この東本宮のお祭りとして今日に伝わっています。


五神火祭りの実行委員会・総務委員長 
甲斐寛美(かいひろみ)さんの話


五神火祭りはかつてこの日の夜に行われていたお祭の名残です。畳を投げる「岩戸投げ大会」は、力持ちの神様タヂカラオノミコトが投げた岩戸が長野県戸隠村(現長野市戸隠)まで飛んで行ったという神話にちなみ、同村と高千穂町が昭和62年に姉妹町村の盟約を交わしたことをキッカケに始まりました。ここ岩戸だけでなく、戸隠でも例年同様の大会が開かれています。

タヂカラオノミコト像の前で、大人は畳1枚(約20kg)を、小中学生は半分の大きさの畳(約10kg)を持ち上げて投げます。出場するのは主に地元の代表者たちですが、一般の方の飛び入りも歓迎していますので、力自慢の方はぜひご参加ください。


天岩戸神社秋季大祭 詳細情報
日 時 平成21年9月22日(火・祝)・23日(水・祝)午前9時30分から
会 場 天岩戸神社
住 所 宮崎県西臼杵郡高千穂町天岩戸1073-1
アクセス 国道218号線 馬門交差点より約5.5キロ
駐車場 あり(無料50台)
混雑が予想されますので係員の指示に従ってください。
問合せ先 0982-74-8239(天岩戸神社)

観光スポット /  店舗情報 /  宿泊施設 /  お役立ち情報 /  アクセス /  町内の交通 /  おすすめ観光コース /  特集 /  イベント /  ダウンロード
ライブカメラ /  高千穂写真館 /  このサイトについて /  個人情報保護方針 /  ご利用規約 /  お問合せ /  管理者ログイン
<<高千穂観光WEB>> Copyright ©2007 The TAKACHIHO Sightseeing WEB