高千穂観光WEB | 旅、観光、高千穂峡、神社、夜神楽、食事処、宿泊、おみやげ、イベント、観光マップ
トップページ 観光スポット 店舗情報 宿泊施設 お役立ち情報 アクセス 町内の交通
特集・最新記事
おすすめ観光コース
神話・伝説をめぐる

観光情報
観光スポット
店舗情報
宿泊施設
お役立ち情報

交通情報
高千穂へのアクセス
町内の交通
検索 キーワード検索
 
検索オプション
イベント

ダウンロード


槵觸(くしふる)神社 例大祭
平成21年10月12日(体育の日)
『槵觸(くしふる)神社例大祭』はこんなお祭りです
12日午前10時から神社本殿にて式典。
午後1時から御神幸。みこしを中心に棒術隊や神楽隊からなる隊列は、まず「天真名井」に立ち寄り神事。 その後、余興隊を伴って町の中心部を高千穂神社へと向かいます。同神社で神楽の奉納が行われた後、再び 槵觸神社へもどります。

○奉納相撲大会(宮相撲)
12日午後、槵觸神社境内の土俵にて。午後3時から中学生の相撲大会、午後5時からは2歳までの幼児による「うなり相撲」(泣き相撲)、続いて園児・小学生による子供相撲、午後6時半ごろからは一般男子の相撲が行われます。

○高天原四皇子峯祭
前日の11日午前10時より、槵觸神社そばの高天原遥拝所にて式典。

槵觸神社宮司・後藤俊彦さんに伺いました

天孫降臨神話に登場する「くしふるたけ」とされる地で、300年ほど前に社殿が建立されるまでは山その ものを拝んでいたようです。秋に行われるこの例祭には秋の実りへの感謝などの意味がありますが、武神として知られるフツヌシノミコトやタケミカヅチノミコトをお祭りし「武道の神様」として信仰される神社のため、伝統的に奉納相撲が行われています。相撲大会の中で、土俵を清める神事「方屋祭(かたやまつり)」を行いますが、これは大相撲で行われている「土俵祭」の原型となった神事です。(高千穂神社宮司兼務)


相撲世話人会会長 町川昇さんに伺いました
槵觸神社の「宮相撲」は、武芸の神様の前で力競べを奉納するもので、350年ほどの歴史があると言われています。昔は成人男子の相撲だけだったようですが、現在は幼児のうなり相撲や子供相撲も行われており、これらは女の子でも出場できます。うなり相撲は先に泣いた子が勝ちです。 かつては「おんな相撲」が行われた時期もありました。近年は全体に出場者が少なくなりました。町外、県外からでも構いませんし、当日の飛び入りも大歓迎ですので、一人でも多くの方に参加してもらい、盛上げて頂きたいです。



槵觸(くしふる)神社例大祭 詳細情報
日 時 平成21年10月12日(月・祝)午前10時00分から
会 場 槵觸(くしふる)神社
住 所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井713(町中央 公民館向い)
アクセス 国道218号線の一本木交差点より南へ約500m
進んで左折、または同じく馬門交差点より西へ約900m
当日午後1時から4時半までは、市街地中心部に交通規制あり。
駐車場 向いの中央公民館の駐車場へ。
混雑が予想されますので係員の指示に従ってください。
問合せ先 0982-72-2413(高千穂神社)

宮相撲については世話人会事務局の寺内さん
メールアドレス:terauchi@jeans.ocn.ne.jp

観光スポット /  店舗情報 /  宿泊施設 /  お役立ち情報 /  アクセス /  町内の交通 /  おすすめ観光コース /  特集 /  イベント /  ダウンロード
ライブカメラ /  高千穂写真館 /  このサイトについて /  個人情報保護方針 /  ご利用規約 /  お問合せ /  管理者ログイン
<<高千穂観光WEB>> Copyright ©2007 The TAKACHIHO Sightseeing WEB